【盗まれた歴史】タルタリアは聖書を理解する鍵。日本人(失われた部族)と巨人族の関係。

タータリア、聖書・・・そして日本人の存在。全て繋がっている?

「日本人」という存在はどこから来た?何のために生きているのか?

 

黒塚アキラ
こんにちは、黒塚アキラ(@kurozuka_akira)です。歴史探求を進めれば進めるほど、どうしても「日本人の義務」から逃れられないことを実感します。聖書・失われた部族・イスラエル、そしてタータリアも・・・。また繋がってしまった。

 

 

連日タータリア考察ばかりやっていますが、調べれば調べるほど歴史探求は面白いのでなかなか辞められません(笑)そして追究するほど日本人としての使命があると痛感させられます。

 

 

日本人だけが特別な民族で偉い!って事はあり得ませんが、タータリアの歴史を知った以上はもう知らないふりは出来ません。歴史探求の果てに待ち受けている真実は何なのか?今日も地道に調べてみます。

 

 

タータリア・マッドフラッドなど歴史探求系記事はこちら。

目次 1 続々と発掘される日本の真の姿、タータリアの世界観。1.1 マッドフラッド級の大災害があれば人種も歴史も国土も変わる。1.2 消された日本の都市名と言語。日本の陸地は現在とは全く別。1.3 日本はタータリア帝国の海軍対象説。旧世界は「ほぼ世界 […]

目次 1 歴史探究は衝撃の日々。歴史どころか陸地さえも存在してなかった。1.1 古地図で一目瞭然。かつて、北海道の陸地はそこには無かった。1.2 北海道はどこの領土?日本の領土だと確信を持てなくなった。1.3 我々は黙示録(=マッドフラッド級大災害) […]

目次 1 簒奪者集団?異星人の核攻撃?文明のほとんどが破壊し尽された。1.1 国民の洗脳に都合が良さそうな道具は一部再利用しま~す!(笑)1.2 かつて其処にあった世界。私たちは全く知らされていない知識。1.3 聖者・超能力者・仙人こそが人間のあるべ […]

目次 1 またまた聖書に新たな疑惑が出た!旧約聖書製作は15世紀?1.1 やはりマッドフラッド前後で世界史が大きく変わっているのは間違いなさそうだ。1.2 ノアの箱舟・バベルの塔の描写から、聖書成立は15世紀頃と予想。1.3 聖書の成立年代の真偽を調 […]

目次 1 最大の黒幕が神(GOD)だと考えると辻褄が合う不思議。1.1 地上で起こる騒動の黒幕は大体日本、じゃあ物質世界そのもの黒幕は・・・?1.2 支配層(マッドフラッド以後の簒奪者軍団)が聖書を刷り込む狙いが見えてくる。1.3 【再掲】ロシアの奥 […]

 

 

今回「stolen history」で見つけた「タータリアは聖書を理解する鍵」の話題はかなり衝撃を受けました。盗まれた歴史は日本に繋がるのです。日ユ同祖論といい、失われたイスラエルの部族の話といい、どうして毎回日本が登場するんでしょうか?(笑)

 

 

そう考えたら、日本はあまりにも恐ろしい場所かも知れないと恐怖心まで持ちそうになります。日本がコロナの黒幕説といい、私達は本当に何も知らされないまま呑気に飼い殺しにされているんだなと気づきました。

 

 

日本人はこれから先どう生きるべきか?

関連記事

日本中が驚愕した幻の予言漫画「私が見た未来」復刻! 有名人の死の日時・災害の予言的中に国民驚愕。   黒塚アキラ こんにちは、黒塚アキラ(@kurozuka_akira/)です。「たつき諒」先生って女性[…]

関連記事

全体主義はいずれ崩壊する。私は私の生き方を確立していく。 終末の時代だからこそ、胸を張って和服を着よう。   黒塚アキラ こんにちは、黒塚アキラ(@kurozuka_akira)です。和服は古代イスラエ[…]

 

 

今日の内容を知れば、ますます歴史探求・聖書通読が面白くなりそうです。

 

マッドフラッドだけでなくフラットアース論とも繋がりそうだし、分からない謎は未だ多いけど少しずつ光明が見えてきそう!

 

 

【衝撃事実】タルタリアン(タータリア帝国の民族)は北東アジア系?

あまりにも長いので、少しずつ引用してその都度意見を書きます。

 

是非直接以下のリンクを訪問して、膨大な画像と一緒にご覧ください。ものすごいたくさんの数の写真と画像が掲載されていて圧倒的な情報量です。ゆっくり読んでみてください。

 

 

考察サイト「Stolen History」は必読。

stolenhistory.net - Rediscovered History of the World

What I am about to say will be jarring and the cognitive dis…

 

 

タルタリアンは東アジアの人々と見なされます。彼らがあなたに知られたくないのは、これらの人々の部族は、ゲタイ/ゴシックの人々とともに、すべて古代ヘブライ人の聖書のイスラエル人の子孫であるということです。

 

最終的に「イスラエルの真の子孫=日本人(東アジア系)」説に繋がるのは陰謀論でもよくある展開ですが、やはり日本人はこの運命からは逃れられないみたいです(笑)日本人だけでなく他の東アジア系も含まれているかも知れませんが。

 

 

つまり、現代日本人はタルタリアン(タータリア人)の末裔って事でしょうか。やっぱり聖書と日本人の関係は切り離せないようだ。

 

 

20世紀の本はあなたに真実を与えません。より正直な議論と議論を見つけるには、16世紀から19世紀の歴史的記録に戻る必要があります。

 

20世紀は文明崩壊後の世界なので、「真実を与えない」には同意(笑)

 

1816年2月核攻撃説が事実なら、16~19世紀の記録は必見ですね。この「stolen history」は本当に膨大に情報があって見過ごせない。眠れなくなる(笑)

 

 

17世紀の歴史書は、タルタリアンが東アジアの株であることを示しています

 

タルタリアンがモンゴル人であることを示す歴史的記録と説明を提供します(モンゴル語とは、最近作られた国であるモンゴルの国ではなく、現在の中国北部を含む東アジアの人々のことです。

、韓国、そして日本でさえ、しかし中国はタルタリアンの株の一部ではありません、実際、中国は現在の中国北部/満州のタルタリアンと戦っていました)

 

モンゴル人もタータリアの血を引いている?なぜそこまでタルタリアンが憎まれなくてはならないのか?核攻撃前の状況や理由が深く知りたいです。タータリア側も当然無抵抗なはずは無いし。

 

 

「1879年1月、モンゴル人はイスラエルの部族であることが明らかになりました。チンギスカンがアジアを征服したこの偉大な国は、単なる残党になりつつあります。彼らの伝統は、彼らが西から来たということです。

 

どこかでチベットの、そして彼らがまだ受けていないよりもさらに大きな懲罰を受けた後、彼らの数が比較的少なくなったとしても、彼らは彼らの先祖の土地に戻されることになっています。

 

彼らは救い主が天国が現れ、彼らを彼らの先祖の地に連れ戻す。」(廃墟の再考、そして世界の物語の再話、1887年)

 

日本人・モンゴル人あたりの北東アジア系がイスラエル人の可能性があると分かると、日本人って計り知れないほど未来への責任と義務があると実感しますね。

 

私達はあらゆる手法で立ち上がる手段を奪われているけど、それでも行動しなければなりません。

 

 

「聖書は東洋の本であり、このようにして彼らの立場を擁護したと言う人もいます」(中国のプロテスタント宣教師の総会の記録、1890年)

 

どこのサイトを見ても、結局は聖書=東洋説が出てくる。どうしても日本人は義務から逃れられない(笑)

 

まさか「stolen history」で日本人の事を何度も取り上げられるとは思いませんでした。この事実を深くしっかりと受け止めなければならない。「日本スゴイ!」と延々と口だけで言ってるだけでは使命は果たせません。

 

 

16世紀のPapalMapsは、実際には「ヘブライ人種」が現在の北東アジアに位置することを示しています。タタール人はイスラエルの失われた10部族のものであることが示されています。

 

後で、ゴグとマゴグが誰であるかを聖書に従って知ることができます。本質的に、パパシーはゴグ/マゴグが極東の古代ユダヤ人であると信じていますが、1560年のジュネーブ聖書によれば、ゴグとマゴグはギリシャとイタリア(ひいてはローマ帝国)です。

 

出た!またか!(笑)日ユ同祖論の真実ももはや分からなくなってきた。

 

イスラエルの失われた10部族=北東アジア人=タルタリアン説!考察サイトでさえこんなに話題に上るのなら支配層連中は間違いなく全て知っていて日本人を虐殺に追い込んでいる。

 

 

さらにイスラエルの領土に入ると、歴史学者や他の知識人は、現在の韓国と日本もイスラエルの失われた部族の一部であると主張しました。北朝鮮が世界の他の地域から本質的に封鎖されており、北朝鮮の人々が人間の食生活を崇拝することを余儀なくされていることは興味深いと思います。

 

タルタリアン=北東アジア系が事実なら韓国が含まれていてもおかしくないですね。北朝鮮が過剰に敵国扱いに仕立て上げられているのが、ここに繋がっているのでしょうか?世界規模で歴史を操作できるのなら、一国の印象を捻じ曲げるのも思いのまま。

 

 

韓国もそうなら北朝鮮人も含まれているのか?情報封鎖・情報操作で徹底的に北朝鮮を囲わなくてはならない理由があるのかも知れない。北朝鮮には行きたくないけど、何かあるのなら調べたい(笑)

 

 

ある著者は、日本/韓国はイスラエルの失われた部族の一部であるだけでなく、さらに進んで、アブラハムの文字通りの種が地球を継承する場所が明らかになることを示しています。

 

日本・モンゴル・韓国など(もしかしたら北朝鮮も?)、北東アジア系は彼らにとって預言成就の重大な場所なのは間違いないようです。聖書通りに意図的に進められている計画なのか?聖書は信用出来なくなったけど日本人が読まなければならないのは違いない。

 

 

1560年のジュネーブ聖書によると(そしてこのバージョンでのみ、当時の元の改革派の開拓者によって書かれた解説によると、黙示録17:16によると、フン族/ゴート族/ヴァンダル人がパパシーに逆らって上昇し、破壊することを示していますフン族/ゴート族が東アジアにルーツを持っていることを知っているので、東西の間で大きな戦争が起こると推測できます。

 

これがいつどのように行われるかはまだわかりません。戦争は捏造されています。本質的に、私たちはまだ進行中の偉大な聖書戦争の真っ只中にあります。

 

ヘブライ人イスラエル人とその残党対ローマ帝国(今日も権力を握っています)、そして世界のすべての国を支配しています中東、中国、ロシア。

 

ここまで読むと、いかにニュース上の「自国vs外国」の図式が陳腐な劇場かがよく分かりますね。いま目撃している戦争は最近定義されたばかりの国と国の対立構造ではなく、もっととてつもなく長い歴史で起こっている戦争です。

 

 

1599年のジュネーブを含む聖書のその後の改訂では、この参照が省略されていることに注意してください。イングランド王は改革派がカトリック教会を否定的な見方で描写することを好まなかったため、KJVは1560年からすべての解説を完全に削除します(パパシーは獣システムの一部です)

 

やはり聖書は改訂・改竄・省略・削除が行われていると見て良い。当時の権力者の好みで好き放題いじってきたけど、「イスラエル=日本人説」の話は継承され続けている。

 

 

聖書考察関連記事はこちら。

関連記事

聖書には霊的価値があり、文字通りに解釈してはいけない。 読む価値があるからこそ、悪用・改竄・削除されやすい。   黒塚アキラ こんにちは、黒塚アキラ(@kurozuka_akira)です。フラットアース[…]

関連記事

教えではなく生き方が大事。限定された価値観に固執せずに生きよう。 ルカの福音書の「放蕩息子のたとえ話」から人生観を考えてみる。   黒塚アキラ こんにちは、黒塚アキラ(@kurozuka_akira)で[…]

関連記事

またまた聖書に新たな疑惑が出た!旧約聖書製作は15世紀? やはりマッドフラッド前後で世界史が大きく変わっているのは間違いなさそうだ。   黒塚アキラ こんにちは、黒塚アキラ(@kurozuka_akir[…]

関連記事

最大の黒幕が神(GOD)だと考えると辻褄が合う不思議。 地上で起こる騒動の黒幕は大体日本、じゃあ物質世界そのもの黒幕は・・・?   黒塚アキラ こんにちは、黒塚アキラ(@kurozuka_akira)で[…]

関連記事

聖書を買ったことに後悔は無いけど・・・ 過去の聖書誘導を反省し、聖書が存在する理由を探し求める。   黒塚アキラ こんにちは、黒塚アキラ(@kurozuka_akira)です。フラットアースに気づいた時[…]

 

聖書通読は必須だけど、聖書だけが世の真実とは限りません。

 

 

まさかタータリア考察で日本人が登場するとは思わなかった。てっきりロシアやアイヌ民族あたりまでがタルタリアンだと勝手に思っていました(笑)モンゴル・韓国あたりにもタルタリアンの血筋が残っているならば、核攻撃だけではタータリア消滅は叶わなかったと考えられますね。

 

 

日本人の精神性を取り戻す旅を始めよう。

目次 1 日本人の精神性を考える。言葉や態度で表現する。行動する。1.1 日ごろの洗脳教育が思考や言葉を作り、他人に影響を与える。1.2 私たちの無意識に潜む思考回路を検証しよう。1.3 今だけ、自分だけ、他人に丸投げ、プロへ口出し禁止…徹底的な個人 […]

目次 1 社会の堕落は政治の堕落か?国民の精神性の堕落か?1.1 生きづらさを凝縮した地獄。カルトや陰謀論が実際に起こる世界。1.2 私たちは本当に無宗教なのか?無秩序と誤解していないか。1.3 貧困はコロナウイルスのせい?もっと前から道徳・倫理性の […]

 

 

妄想・考察を飛躍させよう!フラットアース論とも繋がっているはず。

思い切って妄想も考察も飛躍させてみよう。歴史探求で得た考察を紐づけてみる。

 

どれだけ破壊の限りを尽くしてもタルタリアンの血を引く人々は残り、その戦争が今でも続いている。

 

どれだけ破壊しても、歴史を隠ぺいしても、タータリアは無くならない。タータリア帝国の人々が巨大で壮大な文明のもと暮らしていたという事ですね。

 

 

間違いなく、タータリア・マッドフラッド・フラットアースの世界観の考察は全て繋がっています。世界の深層に何が眠っているのか、世界の真の姿が少しずつ暴かれているように思います。宇宙詐欺もコロナ禍・ワクチン禍も世界のほんの表面的な現象に過ぎません。

 

 

 

侍とは何だったのか?我々はなぜクラシックの1曲も作れないのか?なぜ膨大な画像の中に、全く知らされていない日本の様子が描かれているのか。

 

人類は1種類ではなく過去に巨人・中型人・小人のように何種類か存在し、マッドフラッド級の大災害(=核攻撃説?)で現代人類の姿に遺伝子改造して生き延びたのかも知れません。

 

 

まだまだ知りたい、歴史探求。真実追究。

目次 1 思考を止めたら負け。全ての常識を疑い続けてみる。1.1 社会の矛盾を感じたら、そこから思索を始めてみよう。1.2 【コロナ騒動】陰謀論か?世界規模の詐欺か?矛盾に満ちた騒動。1.3 【コロナ騒動】ワクチン接種後に死亡するケースが急増1.4 […]

目次 1 続々と発掘される日本の真の姿、タータリアの世界観。1.1 マッドフラッド級の大災害があれば人種も歴史も国土も変わる。1.2 消された日本の都市名と言語。日本の陸地は現在とは全く別。1.3 日本はタータリア帝国の海軍対象説。旧世界は「ほぼ世界 […]

目次 1 歴史の闇に消えた「タータリア」の設定、盛り過ぎ?1.1 どこまでが嘘で、どこまでが事実情報なのかが気になっています。1.2 どこまでが真実か?歴史の闇に消されたタータリア帝国の新情報。1.3 マッドフラッド理論・タータリア帝国説そのものは嘘 […]

目次 1 悪魔に魂を売った者たちの末路を見て、襟を正すべし。1.1 悪魔に支配されたくないなら「仮住まいのよそ者」として生きるしかない。1.2 【無価値】MKウルトラ計画やイルミナティの洗脳と距離をおこう。1.3 被害者たちの為に祈りながら、自分自身 […]

目次 1 音の不思議解明は人体の真実に近づきそう・・・!?1.1 私達は「音」の正体について知らされていない。1.2 音で石が浮き、音で人体に影響を与えることが出来る仕組みとは?1.3 石ってなんだ?音ってなんだ?私達の世界にはもっと高度な物理法則が […]

目次 1 人間自身が悪魔に力を与えている。悪魔に生きる場所は最初から無い。1.1 矛盾した思想を追い出し、真実の愛の根源に目覚めたい。1.2 【キリストは語る①】地獄とは?悪魔とは?1.3 【キリストは語る②】神とは一体誰の事か?何のことか?1.4 […]

 

いっそ思い切って妄想も考察も飛躍して考えてみたほうが、案外良い意見が出ると思います(笑)そもそもコロナ禍が無ければフラットアースもマッドフラッドにも付き合おうなんて考えられませんでした。

 

「世界規模で欺瞞・茶番が行われている」と知った今だからこそ、歴史探求や考察が刺激的。

 

歴史探求の果てに待つのは、私達の未来への義務。

まさかタータリアと日本人が聖書を通して繋がるなんて・・・。私達はこの世界での使命がある。

 

どうやっても私達は「日本人としての使命」からは逃れられないみたいです(笑)今日の考察を見てしまったからには、生き方を見直さなければなりません。

 

 

日本人ばかりが偉いわけではないけど、イスラエル人として私達が住んでいるのが事実であれば、今日の事はもう無視できない。世界で次々起こるフェイクニュースと茶番劇場に声を上げるべきです。

 

 

何も知らされないまま、日本人を集中的に狙い撃ちするように次々と災難が襲い掛かってくる。私達が支配層に対抗できるのは、まず正しい知識を学んで洗脳された常識を排除していく事。

 

 

フラットアース論のように、見えている景色に錯覚を起こさせるのが彼らのやり方です。

 

 

マッドフラッド・タータリアは決してトンデモ陰謀論ゲームではありません。トンデモなのは私達を飼いならそうとするこの世界そのものです。

 

 

今までコツコツ続けてきた考察は、当たりはずれがあっても全て最終地点に向かって繋がっているはずです。妄想程度の飛躍した考察でも遠慮せずに書き綴っていきたいと思います。

 

 

タータリアを調べることは日本人の真実を調べることに繋がる!使命を果たしたい。

 

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!


 

 

最新情報をチェック!
>Vlog × Blogで更新中。

Vlog × Blogで更新中。

「VB LOGGER」はVlogとBlogのそれぞれの特性が相乗効果となって、生活の可能性を広げます。動画編集・投稿・YouTube配信、雑記・特化型ブログとの連携、好きなYouTuber、動画界隈を喋ってみたり。動画配信で人生の可能性が広がる楽しさを知りました。

ブログを書く楽しさと、Vlogを投稿する楽しさ。どちらも充実させたサイトにしていこうと思います。

CTR IMG